代表プロフィール

ViXED動画編集スクール代表のプロフィール

 

 

 

 

名前 冨田 孝則

独学で動画編集を学ぼうとするも多機能な編集ソフトに苦戦その後ビジネス専門の動画編集チームで5~10万人のトップビジネスYouTuberの編集担当を経験
その経験を生かしビジネス系専門の動画編集スクールViXEDを開設し代表を務める

実績

  • 5~10万人の書籍も出版しているトップビジネスYouTube動画
  • 大手広告代理店のSNS広告動画の映像製作
  • 3000人規模の有名ビジネスカンファレンス動画

 

ViXED動画編集スクール開設までの経緯

初心者には多機能すぎる動画編集ソフト

僕が動画編集をはじめようと思ったのは普段からビジネス動画を多数視聴しており

一度そのような動画を作ってみたいという好奇心からでした。

 

まずどんな動画編集ソフトが良いのかネットで調べると

ビジネスで活用するにはプロの使用率No.1の動画編集ソフト

Adobe社のPremiere Proがおすすめとの声が多かったので

ダウンロードして使用することにしました。

 

しかし実際にPremiere Proを操作してみると

プロのクリエイターなどが映画やプロモーションにも使っているソフトなので

多機能すぎて操作できる箇所が多く

映像に動きや演出効果をつけるエフェクトだけでも数百近くあります。

 

実際にはビジネス動画編集においてそこまで多くの機能を使用するわけではないですが

初心者にはその判断がつかず混乱してしまいます。

 

独学のモチベーション維持の大変さ

手始めに書籍を数冊とYouTuberが解説している動画編集の方法をを参考に

独学で動画編集を学ぶことにしましたがモチベーションの維持に苦戦しました。

 

モチベーション維持に苦戦した原因が3つほどありました。

 

1.情報が多く初心者には判断できない

まず1つ目にYouTubeにアップロードされている動画編集の解説動画は

初心者にはどの情報が自分に必要な動画か判断しづらいです。

 

それは、YouTubeの開設動画のノウハウは断片的で情報量が多いためです。

 

YouTuberも視聴者に見てもらうために

長くても20~60分程度で収まるように解説動画を断片的に細かく動画をアップしています。

 

そうするとビジネス動画として活用するには

20分という短い時間で動画編集を解説するため情報量が足らなかったり

反対に「レガシータイトルの使い方」など情報が具体的で

他の自分に必要な動画を探さなければいけません。

 

しかし初者心の段階では当然ビジネスに必要なスキルの判断が難しく

どの情報が正しいか精査できないため混乱してしまいます。

 

2.添削やフィードバックがない

2つ目は添削やフィードバックがないためスキルが向上している実感がないということです。

 

YouTubeなどで最低限の操作はできても

それが実際にビジネス動画として活用できるレベルか現自分では判断ができません。

 

僕自身テレビ局の編集者の方と一緒に仕事をさせて頂くことがあり添削して頂くのですが

「映像の切り替えが早いのでもう少し伸ばしてください」

「テロップ入れはOKです!」

など実際に現場で活躍するプロの方からのフィードバックにより

今自分が解決するための課題や、実際に現場で活躍できるスキルが身についていた実感があります。

 

しかし、プロからのフィードバックが無ければ

何の基準もなくただ作業を覚えていくだけになってしまうので

自分自身の課題や問題がわからず、スキル向上の実感がない不安を抱えたまま学習していく事になります。

 

 

結果的に必要だと思った解説動画をみて時間を無駄にしてしまったり

スキル向上の実感がないためモチベーションが続かず、動画編集に手を付けない日が何日か続くなど

とても時間をロスしてしまいました。

 

ビジネス動画を視聴した経験が生きる

その後、友達の結婚式の動画編集を頼まれたり

覚悟を決めて有料の動画編集講座を購入し強制環境をつくることで

モチベーションを維持し最低限の動画編集を覚え1本のビジネス動画を完成させました。

 

そして、ビジネス専門の動画編集チームのディレクターに完成した動画を見て頂く機会があり

その後、継続的に仕事のご依頼をいただくようになりました。

 

チーム内では、ビジネス動画を多数視聴した経験から

クライアントのニーズに合った動画編集ができたことが評価され

動画編集に加え、チーム内での添削なども担当させていただく機会を設けて頂きました。

 

チームでの編集経験をさせて頂いたのちに、その他様々なご依頼を頂きました。

  • 5~10万人の書籍も出版しているトップビジネスYouTube動画
  • 大手広告代理店のSNS広告動画の映像製作
  • 3000人規模の有名ビジネスカンファレンス動画

 

そして今ではフリーランスとして活動しており

日々、様々な案件をこなしております。

 

確実にスキルを定着させるサポートをしたい

最初は独学で始めてみましたが

初心者で情報の精査ができず、すべての情報が重要に思えてしまい

必要ではないYouTubeを参考に作業してしまったりと情報過多でどうすればわからなくなりました。

 

さらに実践してみても実践で必要なスキルが向上している実感がもてずに

モチベーションが下がり、結果として

動画編集スキルを覚えるのに結構な時間がかかってしまいました。

 

また、チームで添削を担当させていただいていた時期も

チーム内で買切りの動画編集の有料講座を受けていた人が数名いましたが

完成動画をチェックしてみると最低限のことはできるようになっていますが

サポートの特性上どうしても1人1人を徹底してチェックできるわけではないので

スキルがちゃんと定着しているとは言えないレベルの人が多い印象でした。

 

そこで、最短で確実にプロレベルの動画編集スキルが定着できるように

マンツーマンサポートの動画編集スクール「ViXED(ビクシード)」を開設し

動画編集をビジネスとして活用したい人をサポートすることに決めました。

 

 

動画編集スクールViXED(ビクシード)の由来

YouTubeの普及や5Gでさらに加速する動画需要。

今後、動画ビジネスが中心になっていく時代の必須スキルである

動画編集を通してあなたのビジネスを未知の可能性に繋げるために

マンツーマンで指導をしていきたいという思いを込めています。